Fandom

Ingress japan Wiki

GORUCK(ゴーラック)

68このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
GORUCK
ゴーラック
Frackerの画像
GORUCKメダル
Category Special Event
Rarity Very Rare
Version n/a
XM Cost 0
Recycle Value 0

GORUCK (ゴーラック) とは、アメリカのミリタリー仕様のアパレルメーカー&チームトレーニングの開催を行っている企業。

イングレスでは、スポンサー企業の一つとして世界各地でイベントを開催している。イベントには現在ライト、タフ、ヘビーの3種類があり、それぞれ達成条件が異なる。イングレス以外の純粋なGORUCKイベントでは、射撃訓練が含まれるガチリアルな参加型イベントもある。

RUCKING(ラッキング)とは? 編集

RUCK•ING [VERB 動詞] 編集

ドイツ語が語源のRUCKSAC(リュックサック)を英語ではバックパックとも言うが、それにウエイトを背負って歩くこと。ウエイトが重い程、歩く距離が長い程に、試練を共にした仲間との楽しさも増す。つまりソーシャル・フィットネスのイベントがGORUCKでもある。

GORUCKチャレンジの内容 編集

Goruck01.png
ウエイトを詰めたバックパックの上下運動、ダンボール箱を用いた負荷トレーニング、またそれを皆でつなぎ合わせてポータル位置に並べる、腕立て伏せなど、幹部からの指示に従って課題をクリアする。
Goruck02.png
Goruck03.png
Goruck04.png

参加方法 編集

GORUCKのイベントページより開催予定のイベントを選び申し込みを行う。各イベント毎に参加費用が異なる。大体US$ 70- 200ドルの参加費用が掛かる。またFaceBookやTwitter、G+などで記事を共有することでディスカウント・コードを得ることができる。

チームで準備するアイテム 編集

チームのアイデンティティーを表すレジスタンスまたはエンライテッドの旗やのぼりアイテムと自分の国の国旗と7kgのチームウエイト。

LIGHT CHALLENGE(ライトチャレンジ) 編集

所要時間4-5 時間、移動距離 11-16 km(平均達成率: 100%)GORUCK Light は、初心者向けのイントロダクションを兼ねてお気軽に参加できるチームベースのトレーニングミッション。自分の体重によってリュックサックに積まなければならないウエイトが決まってる。

体重別の必要条件 編集

Ruck Weight.jpg
バックパックに詰めるウエイトは体重によって異なる。GORUCKの鉄製ウエイトは体積が小さく身体にも馴染むので推奨されている。また2リットルの飲料水の携帯を推奨している。

体重が 70kg 未満の人 編集

  • 4kg のラックプレートもしくは同等の重量負荷アイテム
  • 例えばレンガ2つ

体重が 70kg 以上の人 編集

  • 8kg のラックプレートもしくは同等の重量負荷アイテム
  • 例えばレンガ4つ

重さの感覚の参考までに 編集

  • 2リットルのペットボトル4本で8kg
  • 缶コーラ12本で4kg
  • パソコンを入れた仕事カバンが8-10kg
  • 女性が持ち歩いているハンドバックが11kg+

沖縄開催のライトチャレンジ 編集

沖縄の新都心公園多目的広場で、2015/12/12/11:00スタートするライトチャレンジでは、マックスで300人の参加者を募集している。(満員御礼デター)

参加費はUS105ドル。ビザ・マスター・アメックス・ディスカバリーカードでの支払いが可能。またGORUCK記事の共有でUS 5ドルの割引コードがもらえる。払い戻しはなし。

また各チームで一人ずつミッション内容を伝えられる程度の英語の通訳ができるエージェントを含める事をリクエストされている。

ボラタイル・ポータル間を移動する際に1時間ごとにミッションは課せられる。また次のボラタイルポータルまたはシャードになるべく早く到達する事でポイントが加算される。総移動距離が14km 程度になる様にあらかじめ計画されているので、4時間かけて参加する事で、これまで以上に充実したアノマリーを体験できる。(つまりは仙台での牛タンや京都でのお蕎麦・うどん休憩を取る暇はない)

浜松開催のステルスとアーバン 編集

静岡県浜松市の浜松城公園をスタート地点とし、2016/2/26/21:00スタート。

参加費は約US150ドル。ビザ・マスター・アメックス・JCB・ディスカバリーカードでの支払いが可能。またGORUCK記事の共有でUS 5ドルの割引コードがもらえる。払い戻しはなし。

また各チームで一人ずつミッション内容を伝えられる程度の英語の通訳ができるエージェントを含める事をリクエストされている。

GORUCK沖縄への参加確認メールに関して 編集

既に2015/12/3に参加申し込みを済ませているエージェントには、以下の文面のメールが届いたはず。

Team,  / In order for us to best protect everybody's identity during the event we will be doing roll call and using your AGENT names throughout the event only. Please reply to the following email with this information, in this format.

Legal Name: xxxxxxxxx

Agent Name: xxxxxxxxxx

このメールには返信ボタンを押して、xxxxxxxxの部分に自分の氏名とエージェント名を入れて送り返しておけば大丈夫。送信後にすぐにコンファームのメールが届く。
GORUCK x INGRESS-001:31

GORUCK x INGRESS-0

TOUGH CHALLENGE(タフチャレンジ) 編集

所要時間10-12 時間、移動距離 24-32 km(平均達成率: 94%)GORUCK Tough は、チームイベントでありレースではない。決してチームメンバーと競ってはならない。教官は腕立て伏せなどの肉体トレーニングや己の限界を超えるための試練を課す。

HEAVY CHALLENGE(ヘビーチャレンジ) 編集

所要時間24+ 時間、移動距離 64+ km(平均達成率: 50%)Heavy とは、すなわち身体的にも精神的にも負荷とストレスの高い過酷な訓練である。チームワークだけではなくリーダーシップのトレーニングも含まれている。24時間以上の連続した訓練を経験しなければ学ぶことの出来ない過酷なトレーニングイベントである。

GORUCKの各チェレンジ達成者は、通常の Hacking によって入手することが出来ない特別メダルを取得できる。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki