Fandom

Ingress japan Wiki

Ingress

68このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする
Ingress
イングレス
IngressLogo.png
開発元 Niantic Labs
発売元 Google
プラットフォーム Android, iOS
リリース日 Android: 2013年12月14日
iOS: 2014年7月14日
ジャンル Augmented Reality (拡張現実)
MMOG

Ingress (イングレス) は現実世界を地球規模のミステリー・陰謀・競争のゲームの風景・景観に変貌させる。Ingress は Google の社内ベンチャー部門「Niantic Labs」によって開発された、AR (拡張現実) 機能と位置情報を使用した Android、iPhone 端末向けの多人数同時参加型オンラインゲームである。

当初は Android 専用であったが、2014年7月14日にiOS用アプリもリリースされ、iPhoneやiPadでも参加できるようになった。


ストーリー 編集

私たちの未来は危機に瀕している。そしてあなたはどちらに加わるかを選択しなければならない。

ヨーロッパの科学者のチームによってミステリアスなエネルギーが発掘された。この力の起源と目的は分からないが、研究者の中には、それが私たちが考える方法に作用すると信じている。私たちはそれをコントロール (制御) しなけれはならない。さもないと、それが私たちをコントロール (支配) してしまうだろう。

The Enlightened” はこのエネルギーが私たちに授けられているものかもしれないとしてそのパワー受け入れようとしている。

The Resistance” は必死で私たちの人間性 (humanity) が残したものを防衛・保護しようとしている。

Ingress をインストールし、あなたの世界をトランスフォーム (変形) せよ。

GOOD LUCK TO YOU‼️

ゲームプレイ 編集

Ingressの画面
プレイヤーは、デバイス (Ingressの世界では Scanner と呼ぶ) を片手に実世界で Exotic Matter (XM) を見つけ、収集する必要がある。

XMは、到達可能な場所に対して仮想的に関連付けられた Portal (ポータル) を、Hacking (ハッキング) して得られる Resonator (レゾネータ) と一緒に、ポータルをCapture (占領) するのに使われる。2つの Factions (勢力)、Enlightened (エンライトンド、緑色) と Resistance (レジスタンス、青色) がポータルを支配しようと争っている。ポータルは、一旦占領されると、同じ勢力の支配下にある別のポータルと Link (リンク) することができる。3つのポータルを三角形にリンクすることにより、Control field が生成される。フィールド内の人口 (Mind Unit (MU) として集計) が、フィールドを支配する勢力の、全世界の "mind score" に加算される。Ingress の目的は、敵勢力よりも多くの MU を支配することである。


世界がゲームの主戦場 編集

あなたの Android または iOS デバイスと Ingress アプリを使用して現実世界を歩もう。このミステリアスなエネルギー源をハックするのだ。オブジェクトを確保してクエストに役立てよ。レゾネーターを配置 (Deploy) してテリトリーを占領せよ。そして他のプレイヤーと組んで Enlightened か Resistance の大義に向かって前進せよ。

開発者のジョン・ハンケ氏いわく、イングレスは「冒険」「発見」そして「出会い」のゲームである。

ストラテジー 編集

この紛争は地球規模で展開しているのだ。世界中にいるプレイヤーの動きを追跡せよ、そしてあなたの次のステップを計画するのだ。Ingress Intel Map を用いて計画を立てたり、他の者とコミュニケーションするのだ。

アライアンスの形成 編集

惑星を救う紛争は世界全体に及ぶ。行動をともにする集団は、一個人がひとりで行動するよりも効果的になりうる。各地の近所、都市、諸国と連携を取るということは、最後の勝利を成し遂げるのに必要不可欠となるであろう。

Nov 2012年11月のキャンペーン 編集

2012年11月、クローズト・ベータと同時に、またの名を "Sphere of Weirdness" (この世のものとは思えない球体) という viral campaign (ウィルス・キャンペーン) も立ち上がった。


手がかりは、写真、ドキュメント、ビデオの中にあるサイトを通じて11月に毎日提供された。コンテンツの多数の概要はhttp://j.mp/NianticProjectで確認できる。このウェブサイトには、関連するビデオ、解決策、セオリーへのリンクもある。

Viral Campaign も現実世界にまで波及し、ComicConのようなイベントに影響を与え、警察などの法執行機関の関心を得るまでに至った。

メディア 編集

関連: オーディオと追加ビデオ

トリビア 編集

  • Ingress とは英語で「入ること」「入場権」「入場許可」「入る手段」「入り口」という意味である。

外部リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki