FANDOM


Portal Fracker
ポータルフラッカー
Frackerの画像
Portal Flacker
Category Powerups
Rarity Very Rare
Version n/a
XM Cost n/a
Recycle Value n/a

Portal Fracker (ポータルフラッカー/日本でのニックネーム:芋けんぴ) とは、特定のPortal のハックした際の出力を2倍にしてくれるアイテム。10分間もしくはトータルで150ハックまでのいずれかを達成するまで、アイテムは、通常の2倍出力される。

通常の Hacking によって入手することは出来ないアイテムなのでSTOREより購入する必要がある。

  • 1個単品 2,400CMU 
  • 5個セット 9,600CMU 
  • 10個セット 14,900CMU 

STOREでの購入例:200,000CMU を$99.00 ($1=¥120換算¥11,880 1CMU=約0.06円) で購入した場合は、2,400CMU = ¥144/1個@¥144、9,600CMU = ¥576/5個 @¥115.2、14,900CMU = ¥894/10個 @¥89.4 となる。

用途 編集

対象ポータルを決めて準備を行おう。通常はポータルのハックは5分毎に1回しか行えないので、そのままでは2回しかハックが出来ない計算になる。つまり効果的な利用方法は、Heat Sink と Multi Hack の両方の Mods との組み合わせによって行う。また自陣営以外のポータルでも使用が可能なので敵陣営が FF している所に訪れた場合などサプライズプレゼントとしても有効であろう。(もちろん自分でもハックしてくださいね♪)

LV8 ポータルを作成してグリフハックを行う場合は、グリフハックに25秒かかる。しかしながら Heat Sink と Multi Hack のコンビネーションによってインターバルの時間と回数に制約が生じるので、このポイントを上手く計算して抑えなければならない。以下、短時間でのズバリお薦めのコンボは、

集合人数が15人以下ならば、VRHS x 3 + VRMH x 2 = 38秒、38+25=63毎にハック、合計10回ずつ

集合人数が、15人以上21人以下ならば、VRHS x 2 + RMH x1以上 = 58秒、58+25=83毎にハック、合計7回ずつ

上記の様な利用方法が考えられる。また VRHS x 2 + VRMH x 2 ならば、58秒+25=83秒毎にハック、合計7回のハックが可能で、Portal Fracker を3回使うことで最も効率的となるであろう。まぁ150回のリミットを意識してがっつりやる程の事ではないので、いずれはこれまでの FF に Portal Fracker をサプライズ使用する程度になっていくものと思われる。

攻撃での使用 編集

攻撃に Fracker を使用する効果的な方法としては、アイテム倍増効果が切れる10分後にポータルエネルギーが約半分に減る特性を利用すること。アノマリーなどのイベントで敵陣が圧倒的に多い場合など、終了時間の直前に Fracker の効果が切れるように使用する。これで攻撃を行えば、破壊もたやすくなるのでチャンスが生まれる。

そしてもう一つは、Fracker を使用することで敵陣に攻撃通知を送ることなく10分後にエネルギーを減衰させることが出来る特性を利用する方法。当然リチャージも厳しくなるので、廃人撃ちをすれば有利な展開に持ち込める。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki